江戸東京博物館の歴史

東京都江戸東京博物館は、江戸東京の歴史と文化をふりかえり、未来の都市と生活を考える場として平成5年(1993年)3月28日に開館しました。高床式の倉をイメージしたユニークな建物で、開館以来、東京を代表する観光スポットとして、多くのお客様にご来館いただいております。

常設展は、徳川家康が江戸に入府してから約400年間を中心に、江戸東京の歴史と文化を実物資料や復元模型等を用いて紹介しています。さらに、1階展示室で開催される年5~6回の特別展に加えて、講座や体験教室など様々な活動を展開しています。

東京の新しい文化創造の拠点として、また皆様の憩いの場として、大いに活用していただけることを願っています。

1993年に開館した両国にある江戸・東京の歴史と文化を紹介する施設。大型2フロアの常設展示室は、江戸ゾーン・東京ゾーンに分かれ、復元模型や複製資料を多数展示しています。 壮大なジオラマは子供だけではなく大人も楽しめる精巧さです。

営業時間
9:30~17:30(土曜は~19:30)※入館は閉館の30分前まで
休業日
月曜(祝休日の場合は翌日休)、年末年始
料金
大人600円、大学・専門学校生480円、中高生300円(都内在住・在学の中学生無料)、小学生以下無料
アクセス
地下鉄両国駅からすぐ
タイトルとURLをコピーしました